linux

Ubuntu18.04でスクリプトを自動起動させる

Ubuntu16.04あたりから導入されたSystemdを使って、サーバー起動時にシェルを自動起動させる手順。 > 自動起動させるサンプルシェル 任意の場所にあるNode.jsのプログラムを起動させてみる。(通常はpm2を使うのがセオリーだが、適当なサンプルがないので) > cd /home/ »

Make Code Microbit開発環境をWin10に構築する

前回、WSLにpxt-microbitを入れてみたものの、どうにも動作しそうにない?ので、素直にWindows10環境に構築してみます。node関連のソースはnode_modulesを削除して再構築します。 * node.js npm »

Make Code Microbit開発環境をWSLに構築する(2)

MakeCode packages [https://makecode.com/packages] > Microsoft / pxt-sample github Microsoft/ »

Make Code Microbit開発環境をWSLに構築する

> Ubuntu18.04 Windows StoreからUbuntu18.04をインストールする。(事前にWSLを有効にしておく) > Ubuntuの各種基本インストール * .sshコピー * .gitconfig [user] »

ターミナルの表示される777ディレクトリの色

以下の画像の色が気に入らないが、いつもどうしたらいいのか忘れてしまうので、備忘録を残しておく。 .dircolorsファイルをホームディレクトリに作成して以下の内容を追加する。36は色の設定なので適宜好みに合わせる。 > vi .dircolors OTHER_WRITABLE 36 »

Beaglebone BlackのeMMCをアップデート

久々に最新版のUbuntu18.04をBBBにインストールして初回ログインまでの備忘録を残しておく > イメージの取得 https://rcn-ee.com/rootfs/ 上記URLのサブフォルダが日付になっているので、最新版を確認しておく wget »

libuvに関する覚書(4) : スレッド uv_work_t, uv_async_t

関連投稿 libuvに関する覚書(1) : タイマー uv_timer_t [http://www.usagi1975. »

libuvに関する覚書(3) : パイプ uv_pipe_t

関連投稿 libuvに関する覚書(1) : タイマー uv_timer_t [http://www.usagi1975. »

libuvに関する覚書(2) : ファイル監視 uv_fs_event_t

関連投稿 libuvに関する覚書(1) : タイマー uv_timer_t [http://www.usagi1975. »

libuvに関する覚書(1) : タイマー uv_timer_t

関連する投稿 libuvに関する覚書(2) : ファイル監視 uv_fs_event_t [http://www. »