Scratchpad@usagi1975.com

趣味、ソフトウェア開発などの備忘録

Mac OSXでnodebrewを使ったNode.jsのバージョン管理

OSXの場合パッケージ管理はhomebrewを使うと思います。Node.jsを新たにインストールしようとしたときに調べていたら、nodebrewというツールがあることを知りました。便利なので、導入とセットアップまでをメモっておきます。 インストール まず、homebrewを使ってnodebrewをインストールします。 > »

jQueryでクロスドメインiframe内の要素にアクセスする(Chrome編)

iframeタグを使うと、別のHTMLページを埋め込むことができます。ただし、セキュリティの観点からiframeタグ配下が異なるドメインページだった場合、jQueryでアクセスしようとすると、cross-origin frameということで、下図のようなDOMExceptionエラーになります。 エラーになるコードは以下のようにiframeタグを取得して、contentWindow. »

Amazonの梱包クッション袋で小物入れ

Amazonで小物を購入すると下図のようなクッション封筒のようなもので商品が届きます。ずっと捨てていたのですが、「何かに使えるかも」と保管しています。ちょうどケーブル類を持ち運ぶ必要があったので、即席で小物入れを作ってみました。 ポイントは、蓋を付けて中身がこぼれないようにします。その為に蓋の部分をマジックテープで止めます。下図のようなハサミで好きな長さにカットできるマジックテープを用意します。 »

OSXでUSBシリアル変換モジュールを使う

マイコンからのUART出力をMacのターミナルで表示する方法に関する備忘録。 マイコンのUART出力に関しては以下の投稿の前半部分を参照 MPLABXでPIC開発: シミュレータでprintf出力する方法 自身はずいぶん昔にAitendoでUSBシリアル変換モジュールを購入していますが、今だとAmazonで安く買えます。 いろんな商品ありますが、ポイントはCP2102というチップを搭載していれば、どれも以下の方法でうまくいくはずです。(ピン配列などは違う可能性が高いので注意) »

kicad 5.0.2

kicad5.0.2 - 001 kicad5.0.2 - 002 »

usagi1975 edit

Snapmakerのエクストルーダーノズル交換

標準のノズル径は0.4mmですが、汎用の0.2mmノズルに交換してみます。 購入したのは以下のノズルMK8の標準的なサイズなら問題なさそうです。 高さはなるべく元のサイズに合わせておくほうがトラブルは少ないので、標準ノズルを外す前に測定しておきます。 »

PETGを使う(その2)

関連投稿 3Dプリンタのフィラメント検証(PETGをつかう) 前回の続きではないですが、新しい黒色のPETGフィラメントを購入したので、おさらいも兼ねて印刷パラメータを探ってみました。 以前は白色を購入して保管してますが、黒色が欲しくなったので購入。前と同じものでも良かったのですが、割と使っている人が多かったのでこれを購入。 »

3Dフィラメント”Titan X"を試す

FormFutura社の『TitanX™』(1.75mm)サンプルを購入してみました。 3dfs 工業グレードABSフィラメント『TitanX:白』10M »

3Dプリンタ用のフィラメントの保管についてのその後

以前5月に、以下の投稿でフィラメント保管について記載しました。 フィラメントの収納 いろんな作業を経て、12月に入ってから3Dプリントが必要になったので久々に印刷してみたところ、ABSのプリントが立て続けに失敗するようになって困ってました。 症状としては、 ベッドに定着しない ABSスラリーなどを添付して強固に定着させても、印刷がスカスカになる »

GitのSubmoduleについて

submoduleの追加 リモートリポジトリlib.gitをローカルの異なるリポジトリにサブモジュールとして追加する。追加すると、.gitmodulesというファイルとlib.gitのクローンが作成される > git submodule add »