Scratchpad@usagi1975.com

趣味、ソフトウェア開発などの備忘録

Dockerで開発環境を作成するメモ2

Dockerの開発環境作成メモの2つ目。Dockerfileについてのメモ。 Dockerfile のベストプラクティス http://docs.docker.jp/engine/articles/ »

Dockerで開発環境を作成するメモ1

軽量Linux Alpineのコンテナ作成 以下のようなDockerfileを用意して、イメージを作成してみる。 FROM alpine:3.10 ENV HOME= »

Rust はじめるためのメモ

最近RISC-Vに興味を持って勉強しており、関連資料・サイトを見ているとRustという言語が出てくる。調べるほど魅力的な印象があったので、ついでにこの言語も勉強することにします。 Rust関連のリンク(ここみれば、ウチ含めてほかのサイトはいらない) 本家 https: »

RISC-V : Sipeed製 Maix M1 Dock W購入

ラズパイとかJetson Nanoとか開発アプローチを続けていますが、今ひとつピンとこないものがあります。安価で小型でLinuxが動くこれはこれでとても良いし、選択肢として学んでおいて損はないです。 どんどん高性能化していくとともにACアダプタじゃないとフルパワーで動作しない彼らに釈然としないものを感じてます。 以下はRISC-Vプロセッサだけでなく、Tiny-YOLOv2だったかのディープラーニングのウェイトファイルを使った推論のデモで、結構衝撃を受けました。 確かに推論用のチップが搭載されていてRISC-Vプロセッサだけで頑張っているわけではないですが、 »

WSL2上でdockerを使う

前回の投稿でWSL2を動作させることはできました。今回は一番やりたかったWSL2上でdockerを動かすことを試してみます。 Windows Subsystem for Linux 2 (WSL2) 結論から言うと、普通のLinuxのようにはまだ単独で動作しないです。 »

Windows Subsystem for Linux 2 (WSL2)

Insider Previewの最新版では、WSL2(Windows Subsystem for Linux 2)が利用できます。 WSL1と違い本物のLinuxカーネル( »

ビルドしたOpenCVをPython3(Anaconda3)で使用する

Windows10開発環境下でPython+OpenCVを使うときにちょっとハマったときの導入メモ。 OpenCVのビルド 少し古いけど、Ver3.4.7のソースをダウンロードして、CMakeでMakefileやVisual Studio用のソリューションおよびプロジェクトファイルを生成します。 事前にAnaconda3がインストールされていれば、 »

コマンドプロンプトやWSLコンソールをカスタマイズする

ColorTool使い方 以下のsrc/tools/ColorTool以下にソースがあるので、VS2017以降でビルドします。 Microsoft/terminal https://github.com/ »

Windows Terminal設定メモ

Windows端末では、MS-DOS、WSL、GitBashなど様々なコンソールを使っているけど、デフォルトの色だったりフォントだったりが気に入らないので使うときにモヤモヤしています。 決め手がなくてどこかで落ち着きたいと思っていたところ、開発中ではあるもののWindows Terminalがこれらを束ねてくれそうで使ってみることにしました。 Windows Termialの導入 »

pipでハッシュが一致しないときの対処方法

先日numpyをpipでインストールしようとしたら、以下のエラーがでました。--no-chache-dirオプションを付けても同様のエラーでインストールが失敗します。 > pip install numpy --no-cache-dir Looking in »