raspberrypi

Raspberry Pi : Raspberry Pi Zero Wの消費電力

関連する投稿 Raspberry Pi : Raspberry Pi Zeroの消費電力 今回は、ずいぶん前にRaspberryPi Zero Wを入手したので、 »

リチウムイオンバッテリー18650とエネループの比較

RaspberryPiやMicro:bitラジコンで使用する電源をどうするかで悩み中。 制御とモーターの回路や電源の分断云々はともかく、ある程度絞っていきたい。 乾電池タイプの18650というリチウムイオンバッテリーがあるので、スペックを調べておく。 18650バッテリーとは? 頭2桁の18は直径18mm、次の2桁が長さ65mmをあらわす。 単3エネループと18650バッテリーの比較 »

Node.jsのモジュールをC++で作成する(その2)

関連投稿 Node.jsのモジュールをC++で作成する Node.js + nobleを使ってMicrobitのセンサー情報を読み取る 前回では、関数をコールすると文字列が返ってくる単純なものだったので、もう少し実用的なサンプルを備忘録として残しておく。 »

Node.jsのモジュールをC++で作成する

関連する投稿 Node.js + nobleを使ってMicrobitのセンサー情報を読み取る Node.jsのモジュールをC++で作成する(その2) dualshock3の入力情報を独自のC++コードで作成している。 »

LinuxのBluetooth関連のコマンド

関連投稿 ラズパイでラジコン(2):PS3コントローラとBluetooth接続 Raspberry Piとdualshock3接続(再び) コマンドラインで接続中のデバイスなどの状態確認などの備忘録 bluetoothctl sudoでコンソールを起動して使用する。 »

Raspberry Piでsambaを導入する

プログラムの開発はWindows上でコーディングして、ビルドはRaspbian上で行う。このプロセスが一番個人的にはかどるので、samba,WebDAVを導入してみたときの備忘録。 Sambaのインストール パッケージから導入する。 > sudo apt »

Raspberry Piとdualshock3接続(再び)

関連する投稿 ラズパイでラジコン(2):PS3コントローラとBluetooth接続 前回はとりあえずdualshock3をRaspberryPiに接続して、使えるようにした備忘録だったが、今回はRaspberry Pi2に最新のRaspbian Stretchをインストールしたので、再度セットアップしてもう少しだけ深堀りする。 »

格安DC-DCコンバータで昇圧して電池でRaspberry Pi Zeroを動かす

前回の投稿で、Raspberry Pi Zeroの消費電力を確認した。おおよそ5Vで500mA程度の電力があれば、動作しそうである。 エネループ3本(1.2x3=3. »

Raspberry Pi : Raspberry Pi Zeroの消費電力

当初ラジコン作成でRaspberryPi2を使用する予定だったが、シャシーとPi2の寸法を比較して、ちょっと大きいので、急遽Zeroを使用することに決定。ついでに消費電力をざっくり調査したのでメモっておく。 Raspberry Pi Zero W ベーシックパック »

Raspberry Pi : ハードウェアPWMについて

RaspberryPi : GPIOの制御方法にふれる でも少し触れたハードウェアPWMはホントに1個なのか?について、RaspberryPiに初めて勉強し始めた当初から疑問に思ってたので、検証を実施。まず、根拠としては、搭載しているARMのBCM2836のデータシートを見ると、PWMは2基ありそう。 »