osx

Mac OSXでnodebrewを使ったNode.jsのバージョン管理

OSXの場合パッケージ管理はhomebrewを使うと思います。Node.jsを新たにインストールしようとしたときに調べていたら、nodebrewというツールがあることを知りました。便利なので、導入とセットアップまでをメモっておきます。 インストール まず、homebrewを使ってnodebrewをインストールします。 > »

OSXでUSBシリアル変換モジュールを使う

マイコンからのUART出力をMacのターミナルで表示する方法に関する備忘録。 マイコンのUART出力に関しては以下の投稿の前半部分を参照 MPLABXでPIC開発: シミュレータでprintf出力する方法 自身はずいぶん昔にAitendoでUSBシリアル変換モジュールを購入していますが、今だとAmazonで安く買えます。 いろんな商品ありますが、ポイントはCP2102というチップを搭載していれば、どれも以下の方法でうまくいくはずです。(ピン配列などは違う可能性が高いので注意) »

ネットワーク内で使用されているIP一覧

固定IPが振られているマイコンボードなどを久々に電源ONしたものの、IPが分からなくて困ることがある(ホスト名も不明だったりする)そういった場合、ネットワーク内のIP一覧を表示すればなんとなくわかるし、固定IPを振る場合の空きIPを予測できる。 基本コマンドを駆使する方法がいくつかあるが、arp-scanというツールを使うと、簡単にわかる。 MACの場合 »

GraphicMagickのビルド

Node.jsで画像処理モジュールgmを使うためにLinuxやOSX上でGraphicMagickをビルドした時の備忘録。GraphicMagickは単体のライブラリではなく、GraphicMagickを本体として、jpeg、tiffなど各種ライブラリを集めてきて一緒にビルドする方式であるため、使いそうなライブラリをまず集めてくる必要がある。どこかにURLが書いてあったが、みつからないのでメモ書きとして残しておく。 GraphicMagick本体 »

Mac OSXのEl CapitanでXtraFinderを動かす方法

El Capitanに先日アップデートしたところ、XtraFinderが起動しなくなった。新しく導入されたセキュリティ関連のシステムが影響している模様。一部Disableにすることで起動するようになったので、そのメモを残す。 Rootlessと呼ばれる機能に関する説明は省略する。 まず、リカバリーモードで再起動する。再起動中にCommand »

KarabinerをカスタマイズしてMacbook AirでHome、Endキーを有効にする

プログラミングで多用しているHome、EndキーをMacbook Airの内部キーボードでどうにかする方法に関するメモ Macbook AirのキーボードにはHome、Endキーがない。Fnキーやcommandキーとの同時押しで既に登録されてはいるが、頻繁に使うのでどこかのキーに割り当てたい。システム的には使えるので、キーマップの割り当てだけでどうにかなるはずである。 »

Mac OSX版のKiCadをソースからビルドする。

安定化版(bzr4022)がKiCad.jpで公開されているが、2015年1月15日現在の最新リビジョンがbzr5357。かなり開きがあるので、自分で最新版をビルドしてみたときのメモを残す。 2015/9 KiCad »

MarsEditのMedia Managerから追加する画像をLightBoxに対応する

WordPressのプラグインで、画像はLightBox化させている。MarsEditから投稿すると、投稿に含まれている画像がLightBox化されていないことに気がついた。どうにかならんか調べたら、簡単にできることがわかった。LightBoxはimgとaタグを解析してjavascriptを使って、フローティングダイアログで画像を表示している。なので、このタグ構成をテンプレートとして出力すれば、 »

XtraFinderで不便なFinderにWindowsの機能を追加する。

XtraFinderの導入に関するメモ。こだわりのあまり、「どうしてこんなことができないの?」的な使いづらいFinder(WindowsのExplorer相当)が、劇的にマシになるツール。 ファイルやフォルダのカット&ペーストが可能になる。 機能タブの” »

Mac OSX : クイックルック(Quick Look)の備忘録

「お!これは便利」と思ったのがQuick Look機能。Leopardからあった当たり前の機能知らなかった。。ということで使い方をまとめる。 使い方 Finder上で、ディレクトリを開いて、またはファイルを選択した状態でSpace( »