microbit

Microbit用サーボ制御基板の作成

関連 FlatCAMでPCBのガーバーデータからGコードを生成する Snapmakerを入手して3か月ほど経つ。3Dプリントもだいぶ慣れてきたので、もう一つの本題であるCNCでプリント基板の自作をやってみることにした。 今回はMicrobitで複数のサーボモーターを制御するための基板を作成する。元ネタは、以下の2つのボードを参考にして回路図を作成(というか丸パクリ)して、 »

Make Code Microbit開発環境をWin10に構築する

前回、WSLにpxt-microbitを入れてみたものの、どうにも動作しそうにない?ので、素直にWindows10環境に構築してみます。node関連のソースはnode_modulesを削除して再構築します。 node.js npm »

Make Code Microbit開発環境をWSLに構築する(2)

MakeCode packages Microsoft / pxt-sample github Microsoft/pxt-sample まずpxt-sampleのリポジトリを取得して手順通りやってみる。前回やったpxt target云々と同じである。 »

Make Code Microbit開発環境をWSLに構築する

Ubuntu18.04 Windows StoreからUbuntu18.04をインストールする。(事前にWSLを有効にしておく) Ubuntuの各種基本インストール .sshコピー .gitconfig [user] »

リチウムイオンバッテリー18650とエネループの比較

RaspberryPiやMicro:bitラジコンで使用する電源をどうするかで悩み中。 制御とモーターの回路や電源の分断云々はともかく、ある程度絞っていきたい。 乾電池タイプの18650というリチウムイオンバッテリーがあるので、スペックを調べておく。 18650バッテリーとは? 頭2桁の18は直径18mm、次の2桁が長さ65mmをあらわす。 単3エネループと18650バッテリーの比較 »

Node.jsのモジュールをC++で作成する(その2)

関連投稿 Node.jsのモジュールをC++で作成する Node.js + nobleを使ってMicrobitのセンサー情報を読み取る 前回では、関数をコールすると文字列が返ってくる単純なものだったので、もう少し実用的なサンプルを備忘録として残しておく。 »

Node.jsのモジュールをC++で作成する

関連する投稿 Node.js + nobleを使ってMicrobitのセンサー情報を読み取る Node.jsのモジュールをC++で作成する(その2) dualshock3の入力情報を独自のC++コードで作成している。 »

Node.js + nobleを使ってMicrobitのセンサー情報を読み取る

前回、gatttoolを使ってMicrobitの各種サービス情報を取得し、Notifyイベントを使って、Temperatureサービスの温度情報を取得した。今回は、プログラムで同様の事を行ってみる。本当はBluezライブラリを使ってC/C++プログラミングとも思ったが、ちょっと敷居が高いので、 »

Micro:bit : gatttoolを使ってアクセスしてみる

関連投稿 Micro:bit Bluetooth関連の調査 LinuxのBluetooth関連のコマンド Micro:bit Raspberry Piとのペアリング 最終的には、 »

Micro:bit : Raspberry Piとのペアリング

関連投稿 Micro:bit Bluetooth関連の調査 LinuxのBluetooth関連のコマンド Micro:bit : gatttoolを使ってアクセスしてみる > sudo »