3dprinter

スライサのサポート比較

PrusaSlicer(Slic3r) 2.0.0とSimplify3D 4.0.0を使って同じ形状、傾きでサポートを自動生成させてどちらが剥がしやすいかを検証してみます。 設定について »

Anycubic製Photon-S印刷パラメータについて

今回はAnycubic製Photon-S印刷パラメータについて投稿します。 そもそもDLP方式の印刷パラメータは? FDMと比べるとものすごくパラメータが少ないです。以下はPhoton_Workshop1.00のパラメータです。 .tg {border-collapse:collapse;border-spacing: »

ABS後継フィラメントASAを試す(1)

ASAフィラメントとは何者なのか? 以下に紹介記事があります。簡単にいうと、「耐UVで、反りの少ないABS」だと思います。 アセトン蒸しができて、研磨がしやすい、耐熱93℃とあります。 »

Anycubic製 Photon-S入手

随分前ですが、DLP方式(光造形)の3Dプリンタも入手しています。FDMに比べてどうしても値段の高いプリンタですが、LCDを採用したこのタイプで低価格化が進んでいます。 値下がりやリリースもひと段落した感じなので、Amazonセールの時に購入しました。別にFDM方式に絶望したわけではなく、得意不得意がそれぞれあるので、 »

Original Prusa のフレキシブルシートについて

Original Prusa のフレキシブルシートについて Original Prusa i3を購入するときに、スムース、パウダー、両方のシートを選択できます。 一応両方のシートを入手しているので、 »

Original Prusa i3 MK3S キャリブレーション

前回に引き続いて、重要なキャリブレーションについての備忘録です。 Original Prusa i3のキャリブレーション ファームウェアのバージョンに内容は異なるかもしれないですが、基本的にCalibrationメニューから各種キャリブレーションコマンドを選ぶだけで自動でやってくれます。 一番上のWizardは、最初に電源ONしたときに開始される全体の電気系統のセルフチェックとキャリブレーションを順番にやってくれるものです。本体を大幅な解体& »

Original Prusa i3 MK3S 購入

FDMタイプの3Dプリンタの2台目として、Original Prusa i3 MK3Sを購入しました。 自分の場合は、下記のキット版です。1台目である程度プリンタになれたので、次はキットを組み立てるところも楽しもうと思いました。まだまだ3Dプリンタはメンテナンスフリーな代物ではないので、 »

3Dプリンタのフィラメント検証2(J&T製のPLA)

別に使い切ったわけではないのですが普通の黒色のPLAを試してみたくて、久々にPLAのフィラメントを買いました。購入したフィラメントは、J&T製のもので3Dプリンタの本体も発売しているメーカの純正?フィラメントです。 購入したのは以下のフィラメント。 今でも黒色PLAフィラメントは、「三菱ケミカルメディア »

Snapmaker:0.2mmノズルに交換

標準のノズル径は0.4mmですが、汎用の0.2mmノズルに交換してみます。 購入したのは以下のノズルMK8の標準的なサイズならほとんど同じ大きさなので問題なさそうです。 ペンチなんかじゃ外れないので、M6の6角レンチを使って真鍮製のノズルを外して、0.2mm径のノズルに変更します。 変更後に念のためアライメントを再設定したほうが良いと思います。 »

PETGを使う(その2)

関連投稿 3Dプリンタのフィラメント検証(PETGをつかう) 前回の続きではないですが、新しい黒色のPETGフィラメントを購入したので、おさらいも兼ねて印刷パラメータを探ってみました。 以前は白色を購入して保管してますが、黒色が欲しくなったので購入。前と同じものでも良かったのですが、割と使っている人が多かったのでこれを購入。 »