Linux環境でのBluetoothプログラミング(1)

関連投稿
[Micro:bit] Bluetooth関連の調査

色々調べたところ、MicrobitはBluetoothのペリフェラル機器(デバイス)として振る舞うようである。同じくペリフェラル機器であるdualshock3コントローラで操作するために、Bluetoothのセントラル(ホスト)としてRaspberryPiを置くことにした。

将来的には、複数のコントローラとMicrobitを中継するサーバーアプリを開発するつもりである。RaspberryPiとdualshock3間の通信の目処がたったので(後日資料はまとめるとして)、次はRaspberryPiとMicrobitのBluetooth通信を行う方法を調査検討する。

Microbitは子供の教育目的であるため、こちらはブロックコードしか考えていないが、Bluetoothのサービスは十分に実装されているようなので、あとはLinux側のBluetoothプログラミングができれば、どうにかコントローラと繋がる。

実装環境

Raspbian(Stretch)上で、bluez?bluetooth関連のライブラリはインストールしてあるので、これらを利用してCかC++のプログラミングを検討する。PythonやNode.jsを利用すれば、ほとんどコードを作成する必要はないが、別途PICなどのマイクロコントローラ開発も予定しているので、C/C++で実装できるようにしておく。

参考サイト

とにかくBluetooth関連の知識が乏しく、有益情報なのか、そうでないのかすらネットを調べてもわからない。。あと元々わかりづらい仕様なのか、説明がわかりづらいのか不明だが、「なんとなくわかったような、やっぱりわからないような・・」という状況が続いたので、とっとと動作するプログラムを作成してとりあえず動作さえてみるしかない。

Microbit Bluetooth Developer Studio - Profile Report
An Introduction to Bluetooth Programming

汝の名はBlueZ - (7)
C言語によりRaspberry Pi 3とSensorTag間をBLEで接続