LTSpice : 基本的な使い方

「よく見る定番回路がどういう仕組みで動作しているのか、この回路のこの部分、どんな電圧・電流なのか」などを作る前に確認することができる定番回路シミュレーター”LTSpice”。特にMac版は独特な操作方法でやや取っつきにくい。調べてもすぐに忘れてしまうことを中心に備忘録としてまとめる。

初期設定

  • マイクロ(μ)をuで表現する。
    Windows版のみ。Mac版はデフォルトでuμとして認識される。
  • カラー設定
    好みの色設定を行う。

20141227005704

20141227010117

部品の配置

  • F2でコンポーネント選択ダイアログを表示して、部品を選択する。
  • 配置したい箇所でクリックすると確定する。
  • 配置待ち状態で、Cmd+Rで回転、Cmd+Eで反転
  • Moveは、配線から切り離して部品を移動する。
  • Drag(F8)は、配線に繋がったまま部品を移動する。

20141227010949

20141227011020

20141227011113

部品(代表的なもの)
gndGND
res抵抗
capキャパシタ(コンデンサ)
indインダクタ(コイル)
npnNPN型トランジスタ
pnpPNP型トランジスタ
LEDLED
diodeダイオード
schottkyショットキーバリアダイオード
zenerツェナーダイオード
nmosN-Channel電界効果トランジスタ
pmosP-Channel電界効果トランジスタ
voltage電源
vatteryバッテリー
cellセル

電源

  • コンポーネント選択(F2)でvoltageを選択する。

  • 配置した電源コンポーネントを右クリックすると、専用パネルが表示されて、直流、SIN波、パルス波などのいろんなタイプの電圧波形を作成できる。

  • 直流の主要パラメータ

    • DC Value[V]
      直流電圧値

20141227011212

  • SIN波の主要パラメータ
    • DC offset[V]
      正弦波に直流成分が追加されている場合、ここにDC成分の電圧を設定する。
    • Amplitude[V]
      正弦波の出力電圧(正負の電圧の絶対値)を設定する。ここで指定した値が交流のピーク値になり、実行値ではない。電力会社から供給される交流100Vは実行値であり、ピーク値は√2倍した141Vになる。
    • Freq[Hz]
      正弦波の周波数を設定する。
    • Phi[deg]
      正弦波の開始位相。デフォルトは0。

20141227011256

LTspiceの解析設定

  • SPICE Directive(ショートカットS)を回路図中に配置することで設定される。
  • ドットコマンドと呼ばれる。先頭に.(ドット)から始まるコマンドと引数で定義する。
  • たくさんありすぎて覚えきれないが、一般的に.tran.op.dc.acあたりが良く使われる。

.tran (非線形過渡現象解析シュミレーション)

  • .tran [print] [stop] [start] [step]

ex.) 開始1sec、終了3sec、刻み10msec => .tran 0 3 1 10m

20141227012029