Ubuntu 16.02 LTSビルド環境構築

WindowsマシンにVMWare+Ubuntu16をインストールし、ARM(RaspberryPi)向けのYocto、エミュレータ環境を構築したときのまとめ。

リポジトリを日本のサーバーに変更し、ソフトウェアをアップデート

Ubuntuの日本語環境

> wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
> wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
> sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/xenial.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
> sudo apt-get update
> sudo apt-get upgrade

proxy設定が必要な場合は、/etc/apt/apt.confに以下を追加する

Acquire::http::proxy 
 "http://user:pass@host:port/";
Acquire::https::proxy 
 "http://user:pass@host:port/";

起動シェル(~/.profile~/.bashrc)にもproxy設定を行う

export http_proxy=http://user:pass@host:port
export https_proxy=http://user:pass@host:port

ゲストセッションを無効化

> sudo sh -c 'printf "[SeatDefaults]\nallow-guest=false\n" >/usr/share/lightdm/lightdm.conf.d/50-no-guest.conf'

メニューバーを常に表示

[システム設定] - [外観] - [挙動] - [常に表示]

Chromeインストール

失敗するので、コンソールからインストールする

Chrome入手

> sudo dpkg -i google-chrome-stable_current_amd64.deb
> sudo apt-get -f install 
> sudo dpkg -i google-chrome-stable_current_amd64.deb

日本語入力ソフト(Mozc)のアップデート

sudo add-apt-repository ppa:japanese-testers/mozc
sudo apt update
sudo apt upgrade

ビルド環境

> sudo apt install build-essential
> sudo apt install make
> sudo apt install git
> git config --global user.name "xxx xxx"
> git config --global user.email xxx@xxx.com
> git config --global alias.st status
> git config --global alias.graph "log --graph --oneline --decorate"
> git config --global core.filemode false

ARM用ビルドおよび仮想環境

> sudo apt install qemu-user-static 
> sudo apt install qemu-system-x86
> sudo apt install qemu-system-arm
> sudo apt install gcc-arm-linux-gnueabi

ここまでで、ベースとなるビルド環境が構築できた。残りのYoctoプロジェクトの環境は、以下のリンクで実施。

Yocto ProjectによるRaspberry Pi用のカスタムLinux作成