Git基礎のメモ1 (初期設定、リポジトリ作成)

全般・設定

  • gitバージョンの確認

     $ git --version
    
  • ヘルプを表示

    $ git help
    

config設定ファイル関連

configコマンドで設定したパラメータを保存するファイルが有効範囲別に3つある。

  • /etc/gitconfig
    インストールされたシステム全体の共通設定
  • $HOME/.gitconfig
    ホームディレクトリユーザ限定の設定
  • .git/config
    リポジトリに影響

    .git/configファイルの内容例

    [branch "master"]
        remote = origin
        merge = refs/heads/master
    [remote "origin"]
        url = https://github.com/hogehoge/sample.git
        fetch = +refs/heads/*:refs/remotes/origin/*
    
  • グローバル設定を状態を表示 ユーザフォルダ直下に.gitconfigというファイルに保存される

    $ git config --global --list
    
  • グローバル設定としてユーザ名を設定

    $ git config --global user.name "Taro Yamada"
    
  • グローバル設定としてメールアドレスを設定

    $ git config --global user.email "taroyamada@sample.com"
    

    ( ほかにも–listで表示される属性はすべて設定可能 )

  • エディタを設定

    以下はVisual Studio Codeを指定するときの形式

    $ git config --global core.editor "code --wait"
    
  • 日本語の文字化け回避(Windows版 Git Bash)

    Windows環境での日本語ファイル名が文字化け回避と、ファイルのパーミッションの違いをgit diffで検出しないようする設定を行う

    $ git config --global core.quotepath false
    $ git config --global core.filemode false
    

Gitリポジトリ作成

  • ローカルの作業用リポジトリを作成

    リポジトリフォルダを作成した後、そのディレクトリ直下で、 git initを実行すると、作業用リポジトリが作成される。 実際には、リポジトリフォルダ直下に.gitフォルダと管理ファイル が作成される。

    $ git init
    
  • リモートサーバー上に管理リポジトリを作成

    –bareオプションをつけてリポジトリを作成すると、 bareリポジトリという管理用リポジトリが作成される。 通常のリポジトリと違うのは、このリポジトリに 直接コミットすることができない。 分散リポジトリを管理する親リポジトリといったイメージ。

    一般的には、共用サーバーなどにリモートリポジトリを 作成するときのコマンド。ローカルに作成して誰とも共用 しない場合は、–sharedオプションは不要だが、普通は共有するため のリポジトリになるはずなので、--bare --sharedはセットでよい。 ちなみにbareリポジトリのディレクトリ名は、 慣例的に末尾に.gitを付与する。

    $ mkdir sample.git
    $ cd sample.git
    $ git init --bare --shared