npmのpackage.jsonの記述(雛形)

自分向けのpackage.jsonの雛形に関するメモ

npmのinitコマンドを実行すると、対話式で作成できる

> npm init

実行後、出力される内容は公開用を前提としており、gitリポジトリのURLなど記載しないと、installで警告が表示される。個人利用として、private属性を追加すると、これらの情報を記入しなくても警告されなくなる。

{
  "name": "test_name",
  "version": "1.0.0",
  "private": true
}