KarabinerをカスタマイズしてMacbook AirでHome、Endキーを有効にする

プログラミングで多用しているHomeEndキーをMacbook Airの内部キーボードでどうにかする方法に関するメモ

Macbook AirのキーボードにはHome、Endキーがない。Fnキーやcommandキーとの同時押しで既に登録されてはいるが、頻繁に使うのでどこかのキーに割り当てたい。システム的には使えるので、キーマップの割り当てだけでどうにかなるはずである。

試行錯誤した結果、KarabinerでXMLを編集してキーの割当てが一番楽だった。

Karabiner

Preferencesパネルをオープンして、Open private.xmlからXMLを適当なエディタで開く。
最初はrootタグしかないが、以下のように編集する。以下の場合、HomeはF11、EndはF12に割り当てている
注意点としては、identifierタグで設定する任意の文字列はユニークになる必要がある。

  • 下段にOSがYosemiteの場合のキー設定を追加。(上のコードだと有効にならなかった)
<!--?xml version="1.0"?-->
<root>
    <item>
        <name>Home and End Special Mapping. F11->Home, F12->End</name>
        <identifier>private.home_end</identifier>
        <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::F11, FROMKEYCODE_HOME</autogen>
        <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::F12, FROMKEYCODE_END</autogen>
    </item>
    <item>
        <name>Home and End Special Mapping. F11->Home, F12->End (Yosemite)</name>
        <identifier>private.home_end2</identifier>
        <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::F11, KeyCode::CURSOR_LEFT,ModifierFlag::COMMAND_L</autogen>
        <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::F12, KeyCode::CURSOR_RIGHT,ModifierFlag::COMMAND_L</autogen>
    </item>
</root>

保存後、PreferencesパネルのReload XMLを実行すると、上記のnameタグのタイトルが追加される。

20150621083931

Shiftキーと組み合わせて、「末尾まで選択」のような使い方の場合も上記の設定だけで良い。