Original Prusa i3 MK3S キャリブレーション

前回に引き続いて、重要なキャリブレーションについての備忘録です。

Original Prusa i3のキャリブレーション

ファームウェアのバージョンに内容は異なるかもしれないですが、基本的にCalibrationメニューから各種キャリブレーションコマンドを選ぶだけで自動でやってくれます。

cropped_20190914105825_20190914_104419

一番上のWizardは、最初に電源ONしたときに開始される全体の電気系統のセルフチェックとキャリブレーションを順番にやってくれるものです。本体を大幅な解体&組み立てをやらない限りは、最初の1回だけで良いと思います。

cropped_20190914105842_20190914_104445

たぶん頻繁にやるであろうベッドやノズル先端のZ方向高さの微調整がこれです。

cropped_20190914105850_20190914_104451

ノズルの高さは上記のキャリブレーション中に「Live adjust Z」が表示されてツマミをクルクル回して印刷中に高さを微調整できますが、この「Live adjust Z」は、Settingメニュー内に個別で調整できます。

cropped_20190914110604_20190914_110425

Live adjust Zを選択すると、

cropped_20190914110613_20190914_110434

上記キャリブレーションで調整した内容がここでも設定できます。

cropped_20190914110621_20190914_110439

このあたりはジョセフの解説動画が参考になります(MK3版だけどMK3Sも一緒)

https://www.youtube.com/watch?v=GE-lrRbU124

Live adjust Zの重要性

最初のセットアップ後、SDカードにあった30mins程度のプレートをテスト印刷したときに全く綺麗に印刷できずにちょっと焦りました。(本体の組み立てに失敗したのかと。。)

この「Live adjust Z」でベッドにフィラメントを十分に押し付けてなかったのが原因でした。

ハンドブックのp25あたりにもあります。
https://www.prusa3d.com/new-user-mk3/

溶けたフィラメントを押し付けるようにして積層しますが、最初のレイヤでこの押し付けが弱いとベッドに貼り付かないです。これはPrusaだけでなくFDMタイプのプリンタすべてに言えますが、Prusaの場合はこれをリアルタイムに微調整できるわけです。

prusa_handbook01

ただ絵だけでは、実際にどれくらい押し付けたらいいかよくわからないのですが、そのうち慣れてきます。

prusa_handbook02

ファーストレイヤのテスト印刷

自分の場合は、ベッドの隅々まで1層目がちゃんと印刷できるか気になったので、下図のような1層しかない四角いシートを作成して印刷しながら「Live adjust Z」を微調整してみることにしました。

prusa_calibration01

拡大するとこんな感じ。1層しかない。

prusa_calibration02

ちなみ使用したフィラメントはPrusament PLA、0.2mmレイヤのQuality設定で印刷。

prusa_calibration03

印刷開始すると、所々バリのようなものが。。これはノズルがベッドに対して近すぎるために発生していました。

cropped_20190914113121_20190903_075821

ノズルの高さを少しベッドから離してみます。

cropped_20190914113157_20190903_080138

先ほどのバリのようなものは発生しなくなりました。

cropped_20190914113211_20190903_080317

調節後はムラもなく印刷が続いていきます。

cropped_20190914113231_20190903_082059

つづいてもう少しノズルを離してみます。

cropped_20190914113259_20190903_083835

艶が出て、フィラメントの印刷層がよりくっきり残るようになります。このままどんどん離すと、やがて線状になってベッドに貼り付かなくなっていきます。設定と印刷状態が分かりやすい結果になりました。

cropped_20190914113355_20190903_210521

ただ、よくよく考えると、あくまでヒートベッドに出力する最初のレイヤだけしかこの設定は影響ないはずなので、そこまで神経質になる必要はないかと。

  • 遠すぎて1層目が定着しない
  • 近すぎてシートを傷つけてしまう

ことだけ注意すれば良いかと思います。1層目で失敗する場合はこのキャリブレーションをちゃんとやれば、しっかり結果に反映できる設定ではあります。

ほかにもキャリブレーションの設定は沢山ありますが、困ってない限りは、慣れるまで触らないつもりです。

-->