Raspberry Pi3 Model A+ 入手

Pimoroniという海外の販売サイトで早速注文して先日届きました。ここのサイトは日本への発送も可能なので、たまに利用しています。まだ、Amazonでは販売されてないようです。

RASPBERRY-PI
価格
¥ 6,480 (update 2018/11/29)
発売日
ASIN
B07BHZP92R

Raspberry Pi3 Model A+

ちっちゃい箱で届きました。

raspbian002

説明書をみると、やはり2.5A/5Vアダプターが必要です。ラズパイ3は必要電力が高めで、それなりのアダプターじゃないとダメなのがちょっと使いづらいです。

raspbian003

気になる大きさですが、すでに販売されているB+と同じ処理性能で、入力インタフェースなどを省いて小型化しています。ただし、搭載メモリはB+が1GBなのに対して、A+は半分の512MBです。ラズパイゼロと並べてみたところ、横幅は同じでした。ゼロを2枚並べたサイズと一緒ぐらいだと思います。GPIOピンは最初から半田付けされています。

raspbian004

裏面。特別変わったところはないです。有線LANソケットがなくなってすっきりしました。

raspbian005

初期セットアップ

何度も別の機種でやっているけど忘れてしまいます。過去にゼロをUSB経由でセットアップする方法がありました。

RaspberryPiZeroをUSBケーブルでセットアップ

シリアル通信まわり

Raspberrypi 3でUART通信する際の課題と解決方法

Raspberry Pi3 や Zero Wで オンボードのシリアル (UART) を使う (DietPiでの方法も補足)

UARTの使い方(その1)