Windows10でRaspberryPi環境をQEMUでエミュレートする

qemu-w64-setup-20180815.exe

qemu-system-arm.exeまでのパスをとしておく(C:\Program Files\qemu)

kernel-qemu-4.9.59-stretch
versatile-pb.dtb

ファイヤーウォール云々が表示されるので、許可する。

qemu-system-arm.exe -cpu arm1176 -M versatilepb -dtb versatile-pb.dtb -m 256 -no-reboot -serial stdio -append "root=/dev/sda2 panic=1 rootfstype=ext4 rw" -net nic -net user,hostfwd=tcp::2222-:22 -kernel kernel-qemu-4.9.59-stretch -hda 2018-06-27-raspbian-stretch-lite.img

ssh ログインできるようにする

管理者権限で起動したコマンドプロンプトから、ポート10022を開通させる

netsh advfirewall firewall add rule name ="raspbian" dir=in protocol=udp localport=10022 action=allow

Raspbian上で、sshサーバーを起動する

> sudo service ssh start

が、sshログインできない。。

とりあえず、メモとして残しておく。

参考
Windows+QEMUでRaspberry Piをエミュレートする

あと、Windows10でのクロスコンパイル環境作成も検討してみる

Windows toolchain for Raspberry/PI