Markdown記法に関する備忘録 その1

Markdown記法に関する備忘録 その1

ヘッダ1
===
ヘッダ2
---
# ヘッダ(H1)
## ヘッダ(H2)
### ヘッダ(H3)
#### ヘッダ(H4)
##### ヘッダ(H4)

ヘッダ1

ヘッダ2

ヘッダ(H1)

ヘッダ(H2)

ヘッダ(H3)

ヘッダ(H4)

ヘッダ(H4)
> 引用
>> ネストもできる

引用

ネストもできる

`インライン`表示

インライン表示

==ハイライト==

ハイライト

*イタリック*で表示

イタリックで表示

**太字**で表示
Ctrl+Bでショートカット

太字で表示

`~`2個で文字列の前後を囲むと、打ち消し線になる

~2個で文字列の前後を囲むと、打ち消し線になる

* `*`か`+`か`-`で
* リストに
* なります
+ 記号を変えると
+ グループが
- 分かれる (Ghostでは対応されてない)
    * 半角スペースを入れると
    * ネストも可能
        * 3段ぐらいまで?
        * 可能
  • *+-
  • リストに
  • なります
  • 記号を変えると
  • グループが
  • 分かれる (Ghostでは対応されてない)
    • 半角スペースを入れると
    • ネストも可能
      • 3段ぐらいまで?
      • 可能
1. Decimal型の
1. リストは`数字+.`で記述する
1. 先頭の数字は連続するリストで連番
1. 指定はできない


1. 改行を2個入れると、
1. 1からリセットされる
  1. Decimal型の

  2. リストは数字+.で記述する

  3. 先頭の数字は連続するリストで連番

  4. 指定はできない

  5. 改行を2個入れると、

  6. 1からリセットされる

    1. 半角スペースを入れると、ネストも可能
      1. 複数のネストも
      2. 可能
水平線は`-------`

[Googleへのリンク](http://www.google.co.jp "ツールチップ") 
Ctrl+Kでショートカットになる

リンク先を複数個所に設定する場合は、番号で連動させる表記もある  
[Yahoo][1]のリンクを複数設定する場合は[こちら][1]  
[ウィキペディア][1]のリンクを複数設定する場合は[こちら][2]  

[1]: http://yahoo.co.jp "Yahooへのリンク"
[2]: https://ja.wikipedia.org/ "ウィキペディアへのリンク"

Googleへのリンク

リンク先を複数個所に設定する場合は、番号で連動させる表記もある
Yahooのリンクを複数設定する場合はこちら
ウィキペディアのリンクを複数設定する場合はこちら

\![イメージの代替テキスト](/content/images/2017/01/sample.png)

イメージの代替テキスト

|テーブル表記は|ヘッダ行は必要だが|空でもOK|
|:---|:---:|---:|
|:---で左寄せ|:---:で中央寄せ|---:で右寄せ|
|||ABC|
|あ|い|う|
テーブル表記は ヘッダ行は必要だが 空でもOK
:---で左寄せ :---:で中央寄せ ---:で右寄せ
ABC

残念ながらGhostでは対応してない

Markdownの前にバックスラッシュを入れると、
## エスケープされない
\## エスケープされます

Markdownの前にバックスラッシュを入れると、

エスケープされない

## エスケープされる