Majestouch Convertible2 をMacで使用する

FILCO製のMajestouch Convertible2 Tenkeyless 赤軸を購入したので、Macで使えるように設定したときの忘備録

Majestouch Convertible2 Tenkeyless購入

MacbookAirを外部ディスプレイに接続した時に外部キーボードとしてAppleのワイヤレスキーボードを使用していましたが、モニタをデスクトップのWindowsと共有しているので、キーボードも共有したい。どうせなら良いキーボードを使いたい。ということでちょうど発売されたばかりのFILCO製Majestouch Convertible2 テンキーレス赤軸を購入。

Bluetoothで最大4端末まで登録可能で、ショートカットで切り替えられる。USBの有線接続も可能で、底面のDIPスイッチでボタン割り当ても一部変更可能。ずっしりとした筐体でたわみもなく本当に良いです。

Macで使えるようにする

Macbook AirキーボードというかノートPC全般でいえることとして、HomeEndボタンがなく、多用する身としては非常にストレスでした。このキーボードを導入してもMacでは、キーアサインを変更するツールの設定が必要になるので、忘れないように書き留めておきます。

まず環境設定でキーボードをペアリングする。OSXで使えることは明記されてないけど、普通に認識して使用できる。

つぎにキーボードの修飾キーを下図のように変更する。

Karabinerをインストールし、設定でWindowsキーボード向けの設定があるので有効にする。

Seilをインストールして以下のオプションをチェックする

上記を設定すると、以下のようなキーアサインになる。

  • CtrlボタンがCommandになる
  • Caps LockボタンがControlになる
  • Home, Endボタンが機能する
    * 半角ボタンで、日/英入力が切り替わる
  • 無変換ボタンで英語入力
  • 変換ボタンで日本語入力