Ubuntu 16.02LTSにSamba4.5.5をインストールする(設定編)

Windows向けに以下の方針で共有フォルダを設定する。

  • 登録ユーザは一人だけ
  • そのユーザのみのアクセス権を設定したルートフォルダを複数用意する
  • プリンタは使用しない

Sambaユーザを追加

Linux上に実在するユーザをSambaに登録する。実在しないユーザは追加できないし、個別に追加する必要がある。

> sudo /usr/local/samba/bin/pdbedit -a hoge
new password:
retype new password:
Unix username:        hoge
NT username:          
Account Flags:        [U          ]
User SID:             S-1-5-21-53684569-1320998232-3494213318-1000
Primary Group SID:    S-1-5-21-53684569-1320998232-3494213318-1000
Full Name:            Hoge taro
Home Directory:       \\server\hoge
HomeDir Drive:        
Logon Script:         
Profile Path:         \\server\hoge\profile
Domain:               server
Account desc:         
Workstations:         
Munged dial:          
Logon time:           0
Logoff time:          木, 07  2月 2036 00:06:39 JST
Kickoff time:         木, 07  2月 2036 00:06:39 JST
Password last set:    日, 19  2月 2017 10:21:44 JST
Password can change:  日, 19  2月 2017 10:21:44 JST
Password must change: never
Last bad password   : 0
Bad password count  : 0
Logon hours         : FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF

登録ユーザの確認

> sudo /usr/local/samba/bin/pdbedit --list
hoge:1000:Hoge hoge

共有設定

[global]
workgroup = WORKGROUP
server string = saba
log file = /var/log/samba.log.%m
max log size = 1000
unix extensions = no
security = user
hosts allow = 192.168.2.
unix charset = UTF8
dos charset = CP932
create mask = 0775
directory mask = 0775
map archive = no

[Temp]
comment = Temp Directories
path = /home/Temp
browseable = yes
writable = yes

この設定で、以下のURLからアクセスして、認証パネルが表示されて、pdbeditで追加したユーザ名、パスワードでフォルダが参照できること、またファイルやディレクトリの作成、書き込みができることを確認する。

Macの場合
> smb://hoge@server/Temp
Windowsの場合
> ¥¥hoge¥Temp