GraphicMagickのビルド

Node.jsで画像処理モジュールgmを使うためにLinuxやOSX上でGraphicMagickをビルドした時の備忘録。GraphicMagickは単体のライブラリではなく、GraphicMagickを本体として、jpeg、tiffなど各種ライブラリを集めてきて一緒にビルドする方式であるため、使いそうなライブラリをまず集めてくる必要がある。どこかにURLが書いてあったが、みつからないのでメモ書きとして残しておく。

GraphicMagick本体

https://sourceforge.net/projects/graphicsmagick/files/graphicsmagick/

Ghostscript (PDF関連)

https://sourceforge.net/projects/ghostscript/?source=directory

Jpeg

http://jpegclub.org/support/

Jasper(Jpeg2000)

http://www.linuxfromscratch.org/blfs/view/svn/general/jasper.html

PNG

http://www.libpng.org/pub/png/libpng.html

TIFF

http://download.osgeo.org/libtiff/

zlib

http://www.zlib.net/

ビルド方法

  • GraphicMagick以外のライブラリを解凍してビルド&インストールする
    ビルド環境によって、足りないライブラリとかあるかもしれない
> ./configure
> make
> make install
  • GraphicMagickを解凍してビルドする
    configureコマンド実行結果を注意深く見て、上記のライブラリを検出しているか確認する。普通にインストールすれば、参照先のライブラリディレクトリにインストールされるので、問題ないはず
> ./configure 
> make
> make install