第2種電気工事士の技能試験

第2種電気工事士の技能試験に関する備忘録
主にホーザンのVVFストリッパーP-957をメインに使ったときのケーブルの切断長などのまとめ

ランプレセプタクルへの結線

  1. 外装被覆は40mm
  2. 芯線被覆は先端から20mm剥ぐ
  3. 芯線を根元から5mmのところで折り曲げて、のの字を作る

露出型コンセントへの結線

  1. 外装被覆は25mm
  2. 芯線被覆は先端から20mm剥ぐ
  3. 芯線を根元から5mmのところで折り曲げて、のの字を作る

引っかけシーリングへの結線

  1. 外装被覆は20mm(シーリング高さ)剥ぎ取る
  2. 芯線被覆は12mm(シーリングのゲージでもOK)剥ぎ取る

端子台

  1. 外装被覆は50mm剥ぎ取る
  2. 芯線被覆は10mm(端子の幅でもOK)剥ぎ取る

配線用遮断機

  1. 外装被覆は40~50mm(高台部分の長さでもOK)剥ぎ取る
  2. 芯線被覆は12mm剥ぎ取る

連用器具の結線

  1. 外装被覆は100mm(連用取り付け金具の長さでもOK)剥ぎ取る
  2. 芯線被覆は12mm(器具のストリップゲージでもOK)剥ぎ取る

連用器具のわたり線

  1. 余った芯線などから約90mmカット
  2. 芯線被覆は12mmの長さで、両端から剥ぎ取る

電線の接続

リングスリーブ、接続端子の両方で、VVFジョイントボックスを想定したケース(実際には支給されない)、アウトレットボックスを使ったケースで施工する必要がある。

  1. 外装被覆の剥ぎ取り - VVFジョイントボックスの場合は、約100mm
  • アウトレットボックスの場合は、120~130mm (アウトレットボックスの対角線上の長さでもOK)
  1. 芯線被覆の剥ぎ取り - リングスリーブ接続の芯線剥ぎ取り長さは、20mm
  • 差込形コネクタ接続の芯線剥ぎ取り長さは、12mm
  1. 平成26年度候補問題1