Mac OSXのEl CapitanでXtraFinderを動かす方法

El Capitanに先日アップデートしたところ、XtraFinderが起動しなくなった。新しく導入されたセキュリティ関連のシステムが影響している模様。一部Disableにすることで起動するようになったので、そのメモを残す。

Rootlessと呼ばれる機能に関する説明は省略する。

  • まず、リカバリーモードで再起動する。再起動中にCommand + Rを押し続ける?とリカバリモードになる。
  • メニューからターミナルを起動し、以下のようにRootlessの機能を一部制限する。
    このdebugを解除するとXtraFinderが起動するようになるfsはhomebrewなどに影響するらしいのでついでに解除しておく。
> csrutil disable
> csrutil enable --without debug
> csrutil enable --without fs
  • 通常の再起動を行って、状態を確認する。以下のようになってればとりあえずOK
> csrutil status
System Integrity Protection status: enabled (Custom Configuration).
 
Configuration:
    Apple Internal: disabled
    Kext Signing: enabled
    Filesystem Protections: enabled
    Debugging Restrictions: disabled
    DTrace Restrictions: enabled
    NVRAM Protections: enabled
 
This is an unsupported configuration, likely to break in the future and leave your machine in an unknown state.
  • この状態でXtraFinderの起動、インストールを行えば起動するようになる。全部OFFしたいなら–withoutを指定せずにdisableで良い。