Mac OSX : クイックルック(Quick Look)の備忘録

「お!これは便利」と思ったのがQuick Look機能。Leopardからあった当たり前の機能知らなかった。。ということで使い方をまとめる。

使い方

Finder上で、ディレクトリを開いて、またはファイルを選択した状態でSpace(スペース)キー押下する。
20150110024709

フォルダを開いた状態でSpaceキー押下。

20150110024739

ファイルを選択して、Spaceキー押下

20150110024807

PDFなどはそのまま閲覧できる。

20150110024841

一番感動したのは、画像を複数選択した状態で、Spaceキー押下。

20150110024940

スライドショー形式で確認できる。これはWindowsにもないような・・

20150110025027

で、このQuickLookはプラグインで拡張できるらしい。プラグインファイル(*.qlgenerator)は以下の場所にコピーするだけでインストールできる。

/Library/QuickLook /Users/ユーザー名/Library/QuickLook

インストール後、コンソールで以下を実行することで反映する。

qlmanage -r

タイトルに画像ファイルのサイズを表示する (qlImageSize.qlgenerator)

https://github.com/Nyx0uf/qlImageSize

アーカイブの中身の一覧を表示する。(HetimaZip.qlgenerator)

http://hetima.com/hetimazipql/

Photoshopのブラシ(.abr)ファイルを確認できる(BrushViewQL.qlgenerator)

http://brushviewer.sourceforge.net/