RaspberryPiZeroをUSBケーブルでセットアップ

Raspberry Pi Zero (W) はコンパクトな低価格マイコンでとても気に入っているが、リモート接続するためにHDMIケーブルでモニタにつないで、キーボードをハブ経由繋いで。。という面倒なことをしていたが、どうもZeroだけ特別にUSB経由でセットアップができるらしい。実際にやってみたときの備忘録をのこしておく。(Windows10で)

過去にPiZeroのセットアップした投稿がある。結構被った内容になってしまった。
ラズパイでラジコン(1):Raspbian Jessie (Lite) の初期設定

Raspbianセットアップ

まず、Raspbianをダウンロードしておく。
Download Raspbian for Raspberry Pi

SDカードにイメージを焼くツールはEtcherを使った。
Etcher

ダウンロードして解凍したイメージ(xxx.img)をEtcherでマイクロSDカードに焼く。焼いたら抜き差ししてWindows上にマウントさせる。途中で「無効なフォーマット」云々言われるが無視する。

bootパーティションはマウントされるので、以下のファイルを編集する。

  • cmdline.txt

rootwaitの後ろに半角スペースと以下のコマンドを追加する。

modules-load=dwc2,g_ether
...fsck.repair=yes rootwait modules-load=dwc2,g_ether quiet init=...
  • config.txt

ファイルの末尾に以下を追加する。

:
dtoverlay=dwc2
  • ssh

bootドライブ直下にsshという名称(拡張子なし)の空ファイルを作成する。これでsshサーバーが起動されて、特定のユーザパスワードでログインが可能になる。

Windows10側の設定

USB接続したRaspberryPiZeroは、ネットワークカードとして認識されるように、ドライバ類のインストールを行う。

RPI Driver OTG

解凍して、RNDIS.infを右クリックメニューからインストールを実施する。

Bonjourをインストールする。最新Wind10では不要という記述もあったが、筆者の環境ではだめだった。

Download Bonjour Print Services for Windows v2.0.2

ファイヤーウォール設定を開いて、ポートについて5353を受信を送信に許可させる。(受信だけで良いかもしれない)

コンソールを開いて(筆者の場合は、Git Bash)ログインできることを確認する。(
初期ユーザ/パスワードは、pi/raspberry)

> ssh pi@raspberrypi.local
pi@raspberrypi.local's password:
Linux raspberrypi 4.14.50+ #1122 Tue Jun 19 12:21:21 BST 2018 armv6l

その他

raspi-configで、ホスト名、Wifi設定、各種IO、ロケール回りを設定しておく。

> sudo raspi-config

IPアドレスの固定化

ラズパイでラジコン(1):Raspbian Jessie (Lite) の初期設定

上記の「ネットワーク設定 (Wifi)」参照