Ubuntuのハードウェア情報取得コマンド

SMBIOSの情報

> sudo dmidecode

CPU情報表示

 > lscpu  
 > cat /proc/cpuinfo

LinuxカーネルレベルのCPU操作

> sudo apt-get install cpufrequtils  
> cpufreq-info
> /etc/cpufreqd.conf  
 ※ProfileとRuleでCPUの周波数を設定

CPU使用率、プロセスID

>top  
>pstree -p

HDDの温度

>sudo hddtemp /dev/sda  
/dev/sda: WDC WD20EARX-00PASB0: 31°C

メモリ情報

> cat /proc/meminfo

USBデバイス

> lsusb

Disk情報

> df -h  
> sudo fdisk -l

HW全般

> sudo lshw
カーネルにロードされているモジュールの一覧を表示する  
> lsmod
パーティション情報が紐付きリストで表示される
> lsblk

ネットワーク設定

有線LAN設定  
ifconfig
無線LAN設定
iwconfig

FANコントロール

>sudo apt-get install lm-sensors  

>sensors  
acpitz-virtual-0  
Adapter: Virtual device  
temp1: +36.0°C (crit = +126.0°C)  
coretemp-isa-0000  
Adapter: ISA adapter  
Physical id 0: +38.0°C (high = +80.0°C, crit = +85.0°C)  
Core 0: +31.0°C (high = +80.0°C, crit = +85.0°C)  
Core 1: +38.0°C (high = +80.0°C, crit = +85.0°C)

cpufreq-info

> cpufreq-info

:  
 current policy: frequency should be within 1.60 GHz and 1.60 GHz.  
 The governor “powersave” may decide which speed to use  
 within this range.  
 :  
 current CPU frequency is 1.60 GHz.  
 :