Raspberry Piでsambaを導入する

プログラムの開発はWindows上でコーディングして、ビルドはRaspbian上で行う。このプロセスが一番個人的にはかどるので、samba,WebDAVを導入してみたときの備忘録。

Sambaのインストール

パッケージから導入する。

> sudo apt install samba

設定は以下のようにする。セキュリティなどは特に意識なしのポリシーで。共有名はshareとする。以下に記載するディレクトリはあらかじめ用意しておく。

> mkdir /home/share
> chown pi:pi /home/share

> vi /etc/samba/smb.conf
[share]
comment = Raspberry Pi2
path = /home/share
quest ok = yes
read only = no
public = yes
browsable = yes
force user = pi

samba用のパスワードを追加する。(追加しないと、接続時にパスワード認証が表示される)

> sudo smbpasswd -a pi
New SMB password:
Retype new SMB password:
Added user pi.
> sudo service smbd restart
> sudo service nmbd restart

PCから共有フォルダとしてアクセスできることを確認する。

\\[host name]\\share

raspi-samba

またファイルの追加、編集、削除(つまりread onlyじゃないこと)も確認できればOK