(レゴ)LEGO BOOSTが日本上陸予定!それとAmazon Fire HDタブレット購入

以前から、子供たちに"ものづくり"を体感し、ロボットやコンピュータ関連に興味を持ってもらおうと画策している。

これらを包括的に学習するいわゆるSTEM教育の一端でも体験してほしいとの思いもあり、いろいろ模索していたところ、元祖とも言えるLEGO MIND STORMの子分的なプロダクトであるLEGO BOOSTが去年に米国で発売されたことを知る。

どうやら日本でも2018年2月あたりに、25000円程度で正式販売されるらしいが、Amazonでも輸入販売している業者がエントリーされている。

海外のレビューを見ると、おおむね評価は高いが、低い評価している人もいる。良くみるとタブレットやスマホに専用アプリをインストールして、おそらくBlutooth通信で遠隔操作する必要があるらしく、PCではだめっぽい。追加出費が発生するケースがあるところを指摘している。

BOOST - Device Guide - service LEGO.com

LEGOが開発したScratchのようなパズル形式でプログラムし、レゴを制御することがポイントになるので、タブレットが必須になるがウチにはPCとスマホしかない。確かに痛い出費になる。

とりあえず、LEGO BOOSTは正式リリースされるまで待つとして、タブレットを前もって準備することにした。

中古タブレットの物色をしていたが、結果的にAmazon Fire HD 8をamazonプライム割引を適用すると、定価12000円から4000円引きで8000円程度で購入できるらしいので、圧倒的コストパフォーマンスで評価も良いので、衝動的に早速購入することにした。

Amazon
価格
(update 2018/1/19)
発売日
2017-06-06
ASIN
B01J94SZCM

Amazon Fire HDのメリットとデメリット

特徴

  • 圧倒的なコストパフォーマンス
  • AmazonがチューニングしたAndroidタブレットである
  • ベースのAndroidバージョンは5.1.1(Lollipop)と3世代ほど前
  • Amazonサービスの利用に特化したアプリがプリインストールされている
  • Google Playが意図的に削除されている(PCがあればインストール可能)
  • 基本的にAndroidなので、Androidアプリを開発してインストールすることはもちろんできる。

Google Playを入れてしまえば、ただのメーカ製Androidタブレットを圧倒的な安さで手に入るわけである(セキュリティの危険性も指摘されているが、Amazonアカウントと緋付けなければノーリスク)

せっかくなので、次回以降にFireタブレットでのAndroidアプリ開発環境構築の検証をやってみることにする。