Scratchpad@usagi1975.com

趣味、ソフトウェア開発などの備忘録

kicad 5.0.2

kicad5.0.2 - 001 kicad5.0.2 - 002 »

usagi1975 edit

Snapmakerのエクストルーダーノズル交換

標準のノズル径は0.4mmですが、汎用の0.2mmノズルに交換してみます。 購入したのは以下のノズルMK8の標準的なサイズなら問題なさそうです。 高さはなるべく元のサイズに合わせておくほうがトラブルは少ないので、標準ノズルを外す前に測定しておきます。 »

PETGを使う(その2)

関連投稿 3Dプリンタのフィラメント検証(PETGをつかう) 前回の続きではないですが、新しい黒色のPETGフィラメントを購入したので、おさらいも兼ねて印刷パラメータを探ってみました。 以前は白色を購入して保管してますが、黒色が欲しくなったので購入。前と同じものでも良かったのですが、割と使っている人が多かったのでこれを購入。 »

3Dフィラメント”Titan X"を試す

FormFutura社の『TitanX™』(1.75mm)サンプルを購入してみました。 3dfs 工業グレードABSフィラメント『TitanX:白』10M »

3Dプリンタ用のフィラメントの保管についてのその後

以前5月に、以下の投稿でフィラメント保管について記載しました。 フィラメントの収納 いろんな作業を経て、12月に入ってから3Dプリントが必要になったので久々に印刷してみたところ、ABSのプリントが立て続けに失敗するようになって困ってました。 症状としては、 ベッドに定着しない ABSスラリーなどを添付して強固に定着させても、印刷がスカスカになる »

GitのSubmoduleについて

submoduleの追加 リモートリポジトリlib.gitをローカルの異なるリポジトリにサブモジュールとして追加する。追加すると、.gitmodulesというファイルとlib.gitのクローンが作成される > git submodule add »

PIC24Fタイマーの使い方(MCCを使わない方法)

関連投稿 PIC24FJ64GB002のTimer 関連する投稿と被ってけど、MCC(Microchip Code Configurator)を使わないで、直接レジスタ操作して使う方法に関する備忘録を残しておく。下記はPIC24FJ64GB002の使用を前提としている。 »

Raspberry Pi3 Model A+ 入手

Pimoroniという海外の販売サイトで早速注文して先日届きました。ここのサイトは日本への発送も可能なので、たまに利用しています。まだ、Amazonでは販売されてないようです。 Raspberry Pi 3 Model B+ »

Fusion360でディファレンシャルギア作成

ディファレンシャルギアについて 差動装置-Wikipedia ラジコンや模型用のディファレンシャルギアがどんなものが販売されているかAmazonとかで見てみると、以下のような、1/10スケールのタミヤラジコンにちょうど良いサイズのものしかないのと割と高価です。また、ミニ四駆向けにワンウェイホイールというものもありますが、前進しかしないミニ四駆向けなので、小型ラジコン作成には不向きです。 »

Fusion360でモジュール0.5のギアを作成&印刷

ミニ四駆で採用されているギアのモジュールは0.5なので、このモジュールサイズのギアを3Dプリンタ(Snapmaker)で印刷できそうなのかを検証してみました。 Fusion360でギアを作成 標準?のアドオン"SpurGear& »